ピックアップ

箱根のガルパニスト・稲田翔威(順天堂) 区間賞が取れなければ「あんこう踊り」披露

本日の茨城新聞にて、大学で駅伝道を履修し「箱根のガルパニスト」として有名な稲田翔威(いなだしょうい、順大4年)選手が、来月開催される箱根駅伝2016にて、区間賞を取れなければ「あんこう踊り」を披露するという内容の記事が出ていました。

 

以下、稲田選手ご本人のtwitterアカウントより。

 

2014年の箱根駅伝はフィギュアを没収

稲田選手は2014年の箱根駅伝に際しコーチから、「1人抜かれるたびにフィギュアを1体没収」という重い使命を課せられたという出来事がありました。順大復活の為にフィギュア(嫁)は人質となったのだ…

結果は3区を走るも11位から13位に順位を下げてしまい、2人に抜かれたのでフィギュアを2体没収されてしまうことに…。なお、この年の順大の記録は往路19位、復路16位でした。

 

しかし、この没収騒動に際して、フィギュアメーカーのコトブキヤから補給するとの申し出がありました。

コトブキヤの公式twitterによれば、稲田選手にフィギュア(嫁)をプレゼントすることで、少しでも次のレースに向けての士気高揚になればという思いと、ランナーにとって優しくありたいという思い故にこのような粋な計らいに出たとのこと。

 

ちなみに実際に没収になったのかどうかは当時は不明でしたが、上のつぶやきにあるように大切なフィギュアをマネージャーに預けていたとは…マネージャーもオタクなのかな。

 

2016年の箱根駅伝は「あんこう踊り」宣言

そしていよいよ来月に迫った箱根駅伝。稲田選手はもしも区間賞を取れなかったら「あんこう踊り」を披露するということに。

なお、「あんこう踊り」とは劇場版アニメにもなった「ガールズ&パンツァー」(略称は「ガルパン」)で、主人公の西住みほらが罰ゲームとして行った謎の踊りのこと。

(ちょっぴりセクシーな)全身タイツに身を包み、頭にはあんこうを模した帽子を被り、にゅるにゅるとした奇妙な動きと軽快な音楽によって行われたこの踊りを披露することになれば、それこそ一生ネットの笑いものに。

稲田選手もそんなことにならないように気合を入れて走ると意気込んでおられます。

稲田選手がお嫁にいけない…将来はお嫁さんになる予定なのか…(錯乱)

あんこう踊りは実際に踊るとなれば割と体力が要りそうな踊りだけど、長距離ランナーのように持久力があれば途中でへばることはなさそう…。むしろキレッキレで踊ればかっこいいかも。

 

ちなみに、このあんこう踊り宣言に関して今年の箱根駅伝で見せ場である5区を走った「箱根のラブライバー」こと及川祐太選手(中央学院→YKK)はというと…

及川選手の容赦無いプレッシャー激励が稲田選手へ届くという、なんとも微笑ましい光景。

もちろん区間賞を取ればあんこう踊りは回避できますけど、この踊り自体はフィギュア没収に比べれば優しいような気が…いや、むしろこれは区間賞取っても取れなくてもいいアピールになる気が…なるほど、策士か。

 

 

ちなみに上のつぶやき先の画像にありますが、稲田選手は箱根駅伝後はフィギュアやプラモデルメーカーのコトブキヤに入社予定とのこと…しかも会社の宣伝ランナーとして活躍していく模様。

ランナーに優しい会社とはこういう会社の事を言うんですね。まさかのコトブキヤ陸上部創設創設フラグか?

 

 

なお、稲田選手含めジョグマガでは、頑張るオタランナーを心の底から応援しています。頑張ってくださいまし(`・ω・´)

 

…それにしても、今年はラブライブのμ’s(ミューズ)が紅白歌合戦に出場するので、全国高校駅伝やニューイヤー駅伝、箱根駅伝の他にも年末年始の楽しみが増えて何よりです。

なにげに、正月はテレ東で大学対抗麻雀駅伝も開催されますし…寝る時間取れるかな…。


…余談ですが、管理人個人的にはガルパンでは 秋山殿が好みであります。くせ毛の(二次元の)女の子っていいよね。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply